私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

真空管プリアンプ(2)

f0201222_0325124.jpg


前回、紹介しましたプリアンプ内部です。

左1/3がアンプ回路、中央がTL-431シャントレギュレーター、右1/3が電源整流平滑回路です。トランスと整流平滑回路の1/3はこの裏にあります。電源トランスは全部で4個、左右独立で、高圧B巻線と5極管用のヒーターで2個とECC189のヒーター用に2個使用しています。これらは手持ちのトランスから電圧と電流容量の点で選んだだけです。結果として、6V6シングルステレオ用2個と汎用の30V1Aトランス2個になりました。

合わせて6組の整流平滑回路が必要になります。全てDi整流でファストリカバリーDiとショットキーDiを使いましたが、その御利益あまりなかったかもしれません。というのも、全て、(ヒーター用もです)「抵抗入力」による整流を行い、理論上Diはスイッチングしていないからです。トランスからの平滑回路への電流波形はギザギザではなく正弦波ふうになっています。その代り、得られる電圧はトランス交流電圧の約90%で電源入力抵抗の発熱は凄いことになっています。

ヒーターは全て定電流直流点火を行っています。交流点火と並んでこれが私的には一番だと思います。今回はフォノEQを含むハイゲインアンプなのでさすがに交流点火はしませんでした。定電流回路には暫定的に電源用ICの317を使っていますが、もっと本格的なウィルソンミラー回路に発展できるようなスペースを空けています。

さて、、写真中央のシャントレギュレーター部です、全部で10段の増幅段がありますので、10組並んでいます。初段用の140Vが2組、それ以外は全て210Vです。電圧が35の倍数になっているのはTL431のアノード〜カソード間の最大定格が36Vなので、目一杯電圧を稼いで1ユニットあたり35Vとしたためです。つまり、全部で56個のTL431を用いています。ここでお笑いください。

それぞれに適切な電流値を設定して、その合計から先の抵抗入力整流平滑回路の抵抗値を現物で合わせるのは面倒でした。

結局、この間に半導体アンプで成果を上げた高音質な電源を面倒がらずに真空管でもおこなったということです。A電源の大電流とB電源の高圧という半導体アンプにはないハンディキャップを努力と物量で乗り越えたということになります。

これはPFBを最大限生かす上でも重要なことでした。低域に大きなゲインを生じるPFBでは、電源等に低域時定数を持つと、どこが原因かわかりにくい低域発振を起こすことが多いのです。つまり、直流域まで低いインピーダンスで、各段の電源を通した干渉をほぼなくす必要があります。そのためにこの物量作戦があるわけです。結果として、出力端子では電圧揺動やフリッカーは見当たりません。

f0201222_126447.jpg


製作後のRIAA偏差測定は興味深いものでした。理論上適切なNFネットワークをCRの値を実測して組んだ後、PFB無しで測定したところ、30Hzで-5dBくらいずれていました。PFB抵抗をやや控えめな値で接続すると、予想通り低域のゲインが予定の値に近づいてゆきます。そjして、30Hzまで±0,15dBまで合わせ込みました。その後、試しに更に少しだけPFBを多くかけますと、なんと、RIAA設定値を上回った値になります。ここから先は発振するのか電流クリップするのかはやってみませんでしたが、私の計算では早々に電流クリップするはずです。

シールドの甘いパワーアンプ用トランス2個とヒーター用汎用トランス2個をシャーシ内に内蔵して、低域はトータルで85dB以上のゲインを持つアンプで、オシロで見ても全くハムを引いていないのはちょっと自慢です。

他にも、ブログに書ききれないいろいろな音質への配慮の末、前回書きましたように自分比でNF型イコライザーを持つ真空管プリとしては飛躍的な音質の向上を果たしました。

二年前のCR型EQ真空管プリアンプとは音の傾向が異なり、システムやソースにより楽しくならせる結果が変わります。両者の違いは、スタートレックに例えると、CR型はカークでNF型はスポックだといえばわかってもらえないでしょうな。製作の手間を考えると、CR型の方が簡単で良いかと思いますが、今回作ったNF型の緻密で正確で彫の深い描写は製作の苦労を乗り越える価値は十分にあったと思います。
[PR]
Commented by fumi at 2014-03-12 23:09 x
ご無沙汰しています。
元気で趣味やってますね。
マセの走行距離が10万キロに達しました。
まだまだいけそうです、今のところ。
Commented by elise-4550 at 2014-03-15 05:06
fumiさん
お久しぶりです、そうですか10万キロいきましたか、ちょっとペースが遅いですね。
綺麗に動態保存していつかは私に無償禅譲してくださいね。
そろそろまたこちらに遊びにきませんか?
Commented by fumi at 2014-03-16 23:16 x
ありがとうございます。
ぜひ。また連絡します。
マセは窓の開閉の修理とフューエルポンプを
交換しただけで綺麗なものです。
ポルシェと交換ですか?
by elise-4550 | 2014-03-09 02:15 | オーディオ | Comments(3)