私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:その他( 16 )

やらかしました

一昨日の夕方、左手首を骨折しました。

ガレージ(第二試聴室ともいう)の外壁塗装が終わった瞬間、乗っていた脚立が横転し、地面に左手を付いて転げてしまったのです。

手首の一部がへこんだので骨折と直感しました。そして、予想通りに黒紫に腫れてきて、病院に直行しX線撮影で嫌な現実を目の当たりにしたわけです。

その後の検査で手術は免れ、ギプスで肘の上まで固定されて左腕はいつも約90度です。指先は出ていてある程度動かせますが、今は赤黒くむくんでいてちょっとした負荷でも痛みが走ります。

f0201222_236231.jpg


これで今春のオーディオ作業も終わってしまうかもしれません。ただ、左手がこんな状態で、例えばアンプ基板が製作できるのか、は挑戦しがいのあるテーマです。

左手が不自由になって生活していると、「ああ、ここで左手がいるんだ」と気付くことしきりです。

何より、ギプスの下が痒くなって、もうこれは拷問です。ついに我慢できず、ボール盤に左腕を差し出しギプスに穴を開けました。

f0201222_2404811.jpg


ここに細い棒を突っ込んで皮膚を引っ掻くわけです。今は穴を開けた位置の反対側が痒く、なんとかしたいと思っています。こんなことをしているうちに穴だらけのギプスにしてしまうと見た目がなにかの虫の巣みたいになり、1週間後に医者に見せる時の説明がややこしくなります。

今のギプスは石膏(もあるらしいが)ではなくガラス繊維?の包帯にモノマーがしみ込ませてあり、水につけると重合が始まるようで、その間にギプスを成形してしまうのですね。この素材、今は指ではじくとコツコツと尾を引かない音がします。使いやすさも含めて、自作ホーンの素材としても有望なのではないかと思います。
[PR]
by elise-4550 | 2013-04-07 02:58 | その他 | Comments(4)

ローリングストーン

このひと月、直径4mm程度のシュウ酸カルシウムの結晶を体内に抱えて当惑しています。このローリングストーンはここ数日激痛はないもののいつもじわーっとその存在を主張してくれます。

これ以外に目下の悩みはこれ、

f0201222_2338212.jpg


ボディと同色(クリーム色 )に塗装したいのですが、自分でやるか業者に任せるかという問題です。色の調合、塗膜の強度、下地の処理等が未体験なので、、、だいたい綺麗に塗れるかどうかも判りません。

以前、エリーゼの時は一本二万円以上かけて焼き付け塗装してもらいました。いくつものブログやホームページを訪問して情報を集めています。

f0201222_2347163.jpg


タイヤも購入済み、、、Sタイヤです。
[PR]
by elise-4550 | 2012-09-29 23:50 | その他 | Comments(0)

発作的登山

小さな連休を利用して発作的に山に向かいました。

自分にとってはなじみ深い木曽駒ヶ岳を見たくなったためです。

思いついた時間が中途半端だったので初日は車による麓までの移動で終わってしまいました。

車中では暑くて二時間ほどしか眠れなかったため、仕方なく暗いうちから登り始めます。急登が続く木曽福島Bコースは、ここ三年ほどトレーニングをさぼっている自分には厳しく、心肺機能の衰えを感じます。ただし、久しぶりな山の風が心地よく、来てよかったと思いました。

日程上、本日中に麓まで戻らなければ行けないので、山頂は無理な気がしてきました。もともと、昔からの付き合いがある九合目の玉の窪山荘に挨拶できればと思っていたので、頂上に興味があるわけではありません。

f0201222_104146.jpg


これはしばらく筋肉痛に悩まされそうだと思いながら七合目まで来たときに目眩までしてきました、訓練不足と睡眠不足と若さ不足のせいです。その後も昔培った根性で八合目まで来た時に、急にガスがかかって視界がほとんど無くなりました、更に雷鳴まで聞こえてくる始末です。

ここは引き上げ時だと思い、時間的には余裕が有ったものの下山を決定しました。残念ながら玉の窪山荘Mさんに久しぶりの挨拶ができなくなりました。下の写真はガスる前に撮った山頂と山荘です。

f0201222_10254218.jpg


麓はうってかわって夏の炎天下で参ってしまいます。それでもここは高原の避暑地です。飛騨高山回りの道を選び、途中そばなどを楽しんで東海北陸自動車道にのったのは午後十時、なんとか日付が変わるまでに帰り着きました。
[PR]
by elise-4550 | 2012-08-26 10:30 | その他 | Comments(0)

新しいメンバー

当研究所に新入りが登場しました。

f0201222_023924.jpg


f0201222_03565.jpg


担当は「癒し」です。
[PR]
by elise-4550 | 2012-03-06 00:04 | その他 | Comments(0)

ヘリコバクター ピロリ

医者のすすめでピロリ菌の退治を行うことになりました。

f0201222_2115561.jpg


かなり強めの抗生物質だそうですが、これで完治する人は7割ということです。

残り3割の場合は第2弾の薬を処方するとのこと。。。

とりあえず、朝晩1週間欠かさず飲み続けなければなりません。
[PR]
by elise-4550 | 2011-09-20 02:16 | その他 | Comments(0)

必死の帰宅

長い出張からやっと今帰ってきました。

最後は名古屋から、車で、いつもの二倍の時間をかけてです。

あの下品な、お盆の夏休み帰省ラッシュに引っかかってしまいました。

こちらは明日も仕事を控えた疲れ果てた出張帰りなのに。。。

おかげで肩こり肩こり
[PR]
by elise-4550 | 2011-08-13 00:25 | その他 | Comments(0)

大震災のあとに

東北、関東地域の方々、心よりお悔やみ申し上げます。

お亡くなりになった人の無念はもちろん、現在避難して不自由な暮らしをなさっている方々はまだまだ生きてゆかねばなりません。多分、数ヶ月以上にわたって様々な苦労やストレスに曝されると思います。

地震や津波は時間が立てば過ぎ去りますが、これからの生活を立て直す作業はじっとしていては何も進展しません。毎日、毎日、マイナスのポテンシャルから自力でじわじわ這い上がるしかありません。

どうか、気を強く保って、ポジティブに戦ってください。他の地域にいる私たちもできる限り応援します。

ぜひ、「前よりもよくなった」と思えるくらいの生活や環境を作り上げましょう。犠牲になった人たちのためにも。

十数年前に大震災を体験した者として「先輩」ぶるわけではありませんが、これはいっておきたいと思います。「ここからが勝負です、頑張りどころです」
[PR]
by elise-4550 | 2011-03-14 22:49 | その他 | Comments(0)

南九州へのドライブ

f0201222_2375371.jpg


新しい車に習熟する意味もあり、泊まりがけで長距離ドライブに出かけていました。

途中給油も挟んで、明け方熊本に到着。

早速阿蘇山に向かいましたが、火口付近はガスっていてなかなかシャッターチャンスがありません。

f0201222_2405332.jpg


また、時間も早過ぎて火口を望める所までゆけるロープウエーは営業していませんでした。

2時間も待っているわけにはゆかないので、次の目的地に向かいます。

更に南に向かい鹿児島の桜島を目指します。

f0201222_246397.jpg


こちらは天気も良く、いつまでも続く噴煙を立ち寄り温泉の露天風呂から眺めていました。
[PR]
by elise-4550 | 2010-09-01 02:53 | その他 | Comments(2)

こまった こまった-2

先日3月に行った健康診断の結果が来ました。

血液からいろいろ解るんですね。

その結果、脂質の項のコレステロール値と中性脂肪値が・・・・・BAD

なんと判定がH(治療が必要です)でした。とほほ・・・

日ごろの食生活と運動不足のたたりでしょうか。

去年までは問題なかったのに・・・・・・

医者に行って「入院が必要」などといわれたら困ります。

どうせ長生きできそうにないので、このまま動脈硬化させますか。

せめて、4550の四発システムを納得できるところまで追い込んであの世に逝きたいものです。

こまったこまった
[PR]
by elise-4550 | 2010-04-17 21:12 | その他 | Comments(9)
28日と29日では確実に街中の人ごみが減っている。

みんな今年の仕事は終わって自宅で大掃除しているってことかな。

自分はなんの因果か年末年始にゆっくりした事がない。

むしろ普段よりハードなスケジュールに追われている。

でもハンダ付けを休む気はない。

Trのバランス、アンバランス出力の両方が熟成を重ねてかなりの完成度に近づいている気がする。

少年の頃から求めてきたアンプとして最終章の手前まで来ていると思っている。

この作業が一段落したら真空管アンプに戻っていくつかのアイデアを試したい。

また変な音を出してみたい気がする。

いつもTrの音質追求が続くと球に手を出したくなる。
[PR]
by elise-4550 | 2009-12-30 02:12 | その他 | Comments(2)