私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

蝉時雨の木工作業

全アルニコマグネット直接放射型4wayシステムLO-ML部分の制作が始まっています。

置き場所は決まっておらず、何とかなるだろう運転の見切り発車です。

自分の日程や今までと違う音の世界を期待する気持ちがそうさせました。

f0201222_095748.jpg


製作中、にわか雨に遭い、集成材が水分を吸って曲がり始めました。こうなると外観に構ってはいられません、ねじとボンドで押さえ込んでいます。積層合板やMDFなどと異なり、集成材は製作後も木材の収縮は続き、時に割れたり部分的に反ったりします。響きの良さと引き換えに不安定さを抱えます。

f0201222_0163197.jpg


LOのユニットは今は亡きCORALの12L60です。アルニコマグネットの12インチウーハーで、fo(Fs)は27Hz,Moは51g、とのこと、これを約135Lの密閉で使うつもりです。

f0201222_0215563.jpg


こんな感じになります。LO-ML箱の塗装は今思案中です。どんな色や仕上げが似合いますでしょうか?

MLは内部で完全にLOとは別の仕切られた容積を持ちます。約15Lとなります。内部補強はいつものように気の済むまで角材等で行いました。大きく振動する部分はなくなったようです、後は針葉樹系集成材の響きの良さにお任せです。

f0201222_0301815.jpg


まだ、一台目をやっていますので、後しばらくは空いている時間を利用してこの作業が続きます。今回は不確定要素が多く、ユニットも全て老いぼれなので、駄目もとで工作を楽しもうと思います。といっても結構期待しているのですが・・・
[PR]
by elise-4550 | 2009-08-30 00:43 | オーディオ | Comments(0)

ネットワークの製作

MLは振動板半径約9cm、付加重合系の樹脂を浸透させた後のfo(Fs)は39Hz,Qo(Qts)は0.51,foにおけるインピーダンスは約24ohmでした。ボイスコイルインダクタンスは約0.37mHです。

MHは振動板半径約4cm、fo(Fs)は95Hz,Qo(Qts)は0.64,foにおけるインピーダンスは約54ohmでした。ボイスコイルインダクタンスは約0.20mHです。

f0201222_047383.jpg


ML,MH,HI はネットワークで帯域分割して LOだけはパワーアンプを分けてマルチアンプでゆこうと考えました。この方法は一見合理的に思えても失敗率が高いことは経験上知っていますが、 LO と MLのクロスは150Hz程度に予定しているので、ネットワークのコイルの大きさやコストを考えるとこの方法に落ち着きます。

また、ML より LO の方が能率が高いはずですのでますますマルチアンプにしたくなります。パワーアンプは余っていますし、Chフィルターは近いうちに製作しましょう。他のクロスは900Hz,4.5KHz,位を考えています。

ネットワークはクロス付近2オクターブを-6dB/octにした後、帯域外はもっと急峻にカットする様にしました。素子数が増えますが、-6dB/octのメリットを活かし、デメリットを隠すためにはやむを得ません。

素子数が増えても音質に敏感な素子数は単純な-6dB/octの時と変わりません。

幸いインターネット上でシュミレーションプログラムが公開されており、これを使うとかつて、二週間くらいかけて計算と試作していた事が一日でできます。ただ、完璧ではないので、若干経験上のさば読みが必要です。

という事で、ネットワークを製作しました。ML,MH,HI をそれぞれ分割して設置します。

f0201222_047521.jpg


この後はLO-ML用のエンクロージャー作りですが、大きいだけに置き場所も含めてどうするのか考えなければなりません。当研究所にはもう適当な設置場所が思い浮かばないためです。そこまでしてSP作りに精を出すのは中毒としかいいようが有りません、

法的に問題の無い中毒で助かりましたが、今日、転回禁止を見つかって罰金を支払う羽目になりました。他の所員から非難轟々で肩身の狭い所長です。

f0201222_048683.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2009-08-28 00:52 | オーディオ | Comments(0)
先日のスピーカー「計画4」をとりあえず始めようかと・・・

f0201222_2327438.jpg


木材を購入しました、タモと松系の集成材を分けて使います。

f0201222_23303049.jpg


MHはザグって前から、HIGHは後ろからコルク材を挟んで装着する予定です。

f0201222_2333575.jpg


あちこち修正しながら外観がだいたい見えてきました。

f0201222_2336789.jpg


塗装を行います。いつものオスモウッドワックスです。

f0201222_23372026.jpg


これにユニットを取り付けて2ピースの高域部分が構成されます。その後ざっと測定してネットワークを決めてゆこうと思います。

ここまでしてボイスコイル位置を合わせるのですから、何とかそのメリットを活かした-6dB/octでゆきたいものです。

f0201222_23415596.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2009-08-26 00:04 | オーディオ | Comments(0)

ヒスイ海岸

土曜から富山、新潟に遠征をしてきました。

目的はヒスイの採取です。

ヒスイは硬玉の一つで、古くから勾玉等にされてきました。

以前にも一度、糸魚川周辺の海岸に採取旅行しました。

そして、何時間も海岸をはいずり回って二個それらしきものを見つけましたが偽物である事が怖くて鑑定に出したりはしていません。

そこで今回は河口近くの海岸で山から流れてきた石を中心に観察しました。

f0201222_3152137.jpg

f0201222_01358100.jpg


f0201222_273323.jpg
f0201222_283360.jpg


その様にして今回の「戦利品」があります。

本物だったらいいな。                                                                                  
[PR]
by elise-4550 | 2009-08-24 02:51 | その他 | Comments(2)
f0201222_051950.jpg

f0201222_0103958.jpg
f0201222_0105878.jpg
この間、ダクトとネットワークの調整を行ってきました。だいたい完成です。

余り音の事を考えずに音楽を聴けるようになりました。もっと理想的な解は有ると思いますが、このユニットでは今までで一番の満足です。

磁石のエキサイターは自作のPPレギュレーターです。このレギュレーターと同じ設計のものは幾つかの自作アンプに装備して好結果を得ています。電圧は約20Vに設定しています。最大28V位までは安全ですが、音を聴くと、今回はこの辺でした。ただし、思ったより励磁電圧による音質差は小さいものでした。

今度はチョークコイルを用意してレギュレーターとの間に挿入してみるつもりです。

f0201222_0222310.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2009-08-22 00:25 | オーディオ | Comments(8)

明日はどっちだ  2

計画1
f0201222_0263844.jpg
利点 ①無難 ②トールボーイ ③ウーハー当たりの容積を確保しやすい ④3wayでネットワークに無理がない

欠点 ❶今までに似たものを製作している ❷作る意欲に欠ける 


計画2
f0201222_027243.jpg
利点 ①仮想同軸 ②トールボーイ ③ウーハー当たりの容積を確保しやすい ④3wayでネットワークに無理がない

欠点 ❶ユニット間の前後位置は選べない ❷低域ユニットが離れている ❸余りかっこよくない

計画3
f0201222_0274023.jpg
利点 ①無難 ②トールボーイ ③ウーハー当たりの容積を確保しやすい ④3wayでネットワークに無理がない

欠点 ❶今までに似たものを製作している ❷メーカー製を買えば良い 

計画4
f0201222_028169.jpg
利点 ①低域強そう ②かっこよい ③ユニット的に他の計画とかぶらない

欠点 ❶大きくなる ❷音質の統一感は未知 ❸4wayネットワークは難しい






計画5
f0201222_0284584.jpg
利点 ①仮想同軸 ②低域は15インチウーハーに相当 ③アマチュアらしい

欠点 ❶かなり大きくなる ❷余りかっこよくない ❸仮想同軸の利点が得られるのかは未知 ❹ちょっとお馬鹿


















計画6
f0201222_029429.jpg
利点 ①仮想同軸 ②低域は18インチウーハーに相当 ③アマチュアらしい ④余り見た事がない

欠点 ❶巨大になる ❷現時点でユニットが足りない  ❸仮想同軸の利点が得られるのかは未知 ❹ウーハーの接続に問題 ❺相当お馬鹿
[PR]
by elise-4550 | 2009-08-19 01:14 | オーディオ | Comments(4)

ツイーターの比較

同じビクターのソフトドームツイーター(Tw)が三種類あります。製造年代も1990年位なので比較してみました。

f0201222_029280.jpg


左からSX311,SX500,SX521です。SX521はパンチングメタルカバーを取っているのでちょっと違った感じになっていますが、振動板のサイズやエッジの形状は同じです。材質も少なくともSX500とSX521は同じではないでしょうか。インピーダンスは全て6Ωで、DCRは約5.7Ωと揃っています。フレームはSX311のみがプラスティック、後二つはアルミです。

f0201222_0341196.jpg


後ろからの様子です。SX500のみがアルニコマグネット壷形ヨークと凝っています。SX311のフェライト磁石は小さく、SX521とは差を感じます。SX500とSX521の後ろはブチルゴムで不要振動をダンプしています。SX311はキャンセルマグネット付きで防磁型です。SX500の壷形ヨークも磁束の漏れは少なく防磁型と同じでしょう。

f0201222_045174.jpg


SX311とSX521のエンクロージャーは全てパーティクルボードなのに対して、SX500はフロントバッフルのみ断面も綺麗な積層合板でした。カタログにはカエデ積層合板となっています。ネットワークパーツはどれも同じようなグレードのキャパシターとインダクターでした。

こうしてみると、同じ寸法形状のエンクロージャーを持つSX311とSX500の、先日痛感した音質差はネットワークではなく、さまざまなところの差だと判りました。一方ウーハー(Wo)は両モデルに目視できる差はなく、製品番号の末尾にある記号がAとBの違いのみでした。細かく測定はしていませんが、元々中古ユニットなので、経時変化の方が大きいのではないでしょうか。



f0201222_102423.jpg


最新製作品の15インチ同軸システムはダクト調節中です。160㎠、20cm位でだいたい納得できるところがあると判ってきました。バスレフの良い意味での味を活かしたセッティングのつもりです。これでも世間一般から見たら密閉寄りと思います。あとはこのダクトを内蔵させて音質に問題が生じなければ良いのですが・・・
[PR]
by elise-4550 | 2009-08-17 01:11 | オーディオ | Comments(0)

JVC SX521の構成部品

今日、中古ビクターSX521のユニットを取り外しました。

f0201222_2291915.jpg


12インチのウーハーをベースにした3wayシステムです。内容積は55L位で密閉型です。

振動板直径8cmのコーン型スコーカーのマグネットがリング型アルニコで、これが売りでした。

実際私もここに魅かれて入力端子がなく動作未確認の中古品を手に入れたのでした。

f0201222_22152488.jpg


ウーハーのアルミパンチングカバーを取り外すと埃だらけでした。

このカバーは掃除しにくいのが欠点です。

f0201222_22182855.jpg
f0201222_22184878.jpg


ウーハーはアルミダイキャストでした、お金がかかってる感じで高級です。

マグネットが小さめですが、密閉用なので低域共振のQを調節してあるためでしょう。

要所要所にブチルゴムでダンプしてありこれがべとべとして厄介です。

f0201222_22225993.jpg


表からは判りませんが、裏にビクター伝統のコーン補強がしてあります。

RCAのLC-1Aいわゆるオルソン博士の時代からの特徴で、自宅のビクター15インチウーハーはLC-1Aと同じく表にこの楕円コーン補強がついていました。

f0201222_22272634.jpg


スコーカーとツイーターです。

f0201222_22281856.jpg


これが「お目当て」のスコーカーです。

振動板は紙とカーボンファイバーの混合との事です。

f0201222_2230107.jpg


低域用ネットワークの一部です。スロープは-12dB/octでコイルは鉄心入り、コンデンサーは無極性ケミコンです。

箱自体は18mm位のチップボードでした。
[PR]
by elise-4550 | 2009-08-15 22:39 | オーディオ | Comments(0)

ウーハーの手入れ

暑い出張でした。気まぐれでホテルを変えたのが裏目に出て、インターネット環境が悪く、やろうと思っていたブログ更新ができませんでした。

f0201222_22481674.jpg

Twに続いてWoも再利用のために取り外してメンテナンスしました。埃等をはらって、コーンに浸透材を用いて,若干諸定数と音質を変えました。後は見かけや体裁のため、コーンを着色し直しました。フレームは元々前付け用だったので、改造してバッフル裏付け用にしました。

これはバッフル前付け仕様です。
f0201222_2249179.jpg


今は4本ですが、後2本このようにして低域用に用いるつもりです。
[PR]
by elise-4550 | 2009-08-14 22:52 | オーディオ | Comments(6)
毎日暑い日が続いていますが、もうそろそろ暦の上では「秋」です。

つまり、残暑ということですか・・・

残暑と書くと、ますます暑さが身にしみて嫌ですね。

実は暑さにはかなり弱いほうで、適温は10℃位なのです。

私はこのところ所長職以外の仕事が連続していてオーディオ三昧できていません。

不幸であります。

この週末も花火大会の浴衣姿を横目に仕事です。

来週は長期の出張遠征なので、このブログも滞りがちになると思います。

この間お盆休みでどこも混雑でしょうね。

高速道路は料金値引きもあり大渋滞になると予想されますが、その中私はエアコンの無い車で移動します・・・

万馬券よりも、通る道路がたまたま渋滞していない幸運が欲しい私です。

明日は自分の誕生日です。
[PR]
by elise-4550 | 2009-08-08 22:45 | その他 | Comments(5)