私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

巻線抵抗器

最近製作するパワーアンプの音質が高位で安定しているため、パーツの変更による更なる展開を考えています。

以前に行った検討により、当研究所のレギュラー抵抗器はタクマンの炭素被膜型です。聴感上癖の少ない所と入手の容易さ経済性等副次的な利点も多く、この品種で不満はありません。ただ、デール等の巻線抵抗に大きな可能性を感じたのは確かでした。

わずかな差とはいえ、全て同じ銘柄の抵抗で構成する事により、はっきりその性格が聞き取れると思います。今回は他の要素は変えないで、抵抗のみ全て巻線型にしてみたいと思いました。

f0201222_20591554.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2010-10-31 20:59 | オーディオ | Comments(4)

MONO専用システム

DENON DL-102が届きました。

f0201222_0471640.jpg


jbl375jpさんに届ける予定だったのですが、彼はGEバリレラがお気に入りのようで、このカートリッジの出番はなさそうです。

これも何かの縁なので、当研究所にもモノラル専用システムを構築しようかと、また行き当たりばったり、成り行き任せの計画を立てています。

もともと、スピーカーはそのつもりで構想を練っていましたが、入力から独立してEQアンプも球で考えます。
[PR]
by elise-4550 | 2010-10-20 00:50 | オーディオ | Comments(2)
私が最近製作するTrパワーアンプの出力段は、一般に使われているコレクタ接地ではなくコンプリメンタリでエミッタ接地の回路構成を採っています。

勿論、音質を検討した結果であります。

マルチアンプの中高音はほとんど出力を必要としないため、一組の出力段で十分です。また、ダーリントンTrが使用できれば更に構成の簡素化が図れます。

ただ、音質を大きく左右する出力段の石だけにその選定は試行錯誤が続いています。

ここ2年ほどはNECのB897とD1211を何度か使ってきましたが、このTrはPc80Wのせいかエミッタ抵抗を0.47Ωにすると度々暴走してとんでしまいます。仕方なく、1Ωにして安定させて使っていました。友人宅でもこの定数で収めさせていただいています。

ホーン型の中高音は1W以下の使用なのでこれでも問題ないとの読みだったのです。

勿論、このような安易な妥協による都合の良い予想は、オーディオの熟練者の前ではもろくも崩れます。何台もあるパワーアンプの中で、該当するパワーTrを使ったものだけに「比較すると、音が悪い」との指摘を受けました。

「おみごと、恐れ入りました。」という事で、ダーリントンTr探しが始まりました。Pc100W以上で音質的に納得できるものを探す事になります。

昨今のTr入手状況ではなかなか難しい作業になりました。手持ちのTrも含めて手に入るものを数種類集め、とりあえず2chステレオアンプ分実装して音質を確かめます。

最悪の場合、ダーリントンTrを諦めてドライバー段を設置する事も視野に入れます。それならば、納得のゆく音質のTrを採用することは簡単です。ただ、回路基板から作り直すため、おおごとになってしまいます。




で、かれこれ1ヶ月、納得ゆくTrを見つけました。強靭さ、豪快さは単品Trに劣るものの、いわゆる「小股の切れ上がった」音質は中高音用にはぴったりです。フルレンジでもこちらの方が良いと思う事も多いくらいです。

さっそく、友人宅の分6chをここ数日で完成させました。後は自分用の換装と、これを2組以上パラレルにして大出力のアンプを製作してその音質を確かめてみたいと思っています。
f0201222_2335651.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2010-10-15 02:37 | オーディオ | Comments(0)
f0201222_1194080.jpg


自作オーディオのとりとめの無い「改善」と「変更」は良い事でしょうか悪い事でしょうか。

経験上、あまり一つのシステムをいじり倒すと、客観性の無い音を出していて平気でいる事もあります。

600Lダブルウーハーシステムをあれこれ試して約二ヶ月、JBL2205を使ったシステムとしてはとりあえず一段落とします。この辺が音質バランスの落とし所と現在は感じています。

最近は雑用に忙しく、貴重なオーディオ時間をこのシステム以外にも使わなければなりませんから。

f0201222_1195282.jpg


雑用に関しても、昨日、自分の先輩の偉業達成ニュースを知り、その足下にも及ばないながらも、未来への希望である良質な人材の育成だけは成し遂げたいものです。
[PR]
by elise-4550 | 2010-10-07 01:23 | オーディオ | Comments(0)