私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最近、真空管パワーアンプを製作していないのは音が悪いからではない。

球アンプを数十台製作してきてふと気付くと、音質的に上位にきて感動を感じるアンプの大半は貴重で高価なパーツを使用したものだということ。

斬新な設計コンセプトや回路上の工夫、定数設定の深慮などが音に反映しないとは云わないが、結局、コストをかけ部品入手に苦労した普通の回路にあっさり超されてしまう。

音楽を聴くだけが全ての人ならば、真空管世界の銘機や銘パーツに囲まれてそれでよいかも知れないが、自分はそれで満足ではない。

何十年も雑誌に載り続けている、高価なものほど高評価なゴミ試聴記事と変わらないではないか・・・

その点、半導体アンプでは、設計やアイデアやコンセプトによる音質向上が(失敗も)はっきり聴こえてくるため、面白く感じている。

半導体アンプではパーツによる音の差よりもそれらが優位にはたらいている気がする。

こちらの世界にも巨匠推薦のプレミアムパーツが存在するが、実際使ってみると、他と比べて相対的な個性でしかなく、別にもっと良いものが見つかったりするのが気分が良い。

何れにせよ、全ての機材は、コモンモードノイズで揺すられ続けているリングの上で、各種電磁波の風に煽られながらプロレスしているようなもの、なので、その点を考慮していないコンポーネントパーツは、単独では高品質でもシステムに組んだ時点で他の音質劣化要因より支配的な低音質を持ってしまう。

普段書いている「です、ます」調をやめてみたが、仕事での文章のようで気分がOFFにならないな・・・

という事で、近々真空管パワーアンプを製作の予定、先程までの論旨とはまったく結びつかない結論で締め。
[PR]
by elise-4550 | 2010-11-23 17:08 | オーディオ | Comments(5)

久々の休日

週に7日間「雑用」を詰めてしまうと理論上は1日も自由な時間が取れない事になります。

イレギュラーに生じるお休みをありがたく楽しまねばなりません。

1ヶ月ぶりに、昨日がその日でした。

まず、うどんを食いに行って、ホームセンターでのんびり買い物をしていると、日が傾いてきました。なんと速い時間の経過だこと・・・

製作中のパワーアンプに関して、大物パーツが定まってきました。

今回、抵抗の変更以外に、電源トランスや整流平滑回路に新しい試みがあるので、2CH構成にすると、大変重いアンプになってしまいそうです。

f0201222_0165341.jpg


f0201222_017664.jpg


一応、シャーシをもう一台注文してあり、モノラルにする事も考えていますが、これはこれで設置スペースが大げさになるので、ちょっと躊躇します。

先日、とりあえず終結宣言をした600Lダブルウーハーの3wayですが、うまくゆくかどうかは別として、良いアイデアが浮かびました。これは試してみなければなりません。

まず、ダクト(単なる穴)を塞いで密閉に戻さねばなりません。

12月にはまとまって時間がとれるので、そこで実験できればと思います。
[PR]
by elise-4550 | 2010-11-20 00:22 | オーディオ | Comments(0)
今年のパリモーターショウの最大のニュースはロータスが、今後5年間に及ぶ5車種のニューモデルをお披露目した事でしょう。前代未聞の大発表です。

フェラーリ、ポルシェ、アストンマーチン等と渡り合えるラインナップを揃えてゆくらしい、そのための投資もシンガポールの親会社が行うとの事です。

発表された新型車はどれもハイテク満載で、最新のデザイントレンドに則った格好良いものでした。ただ、5車種の区別があまりつかない・・・

現在と同じくTOYOTAのエンジンを載せるらしい。まあ、それ自体はどうでも良い事です。

問題はその質量のこと、最軽量の三代目Eliseでさえも1100Kg・・えっ、そんなに重いの・・・

長年のロータスオーナーにとっては、複雑な心境にならざるを得ません。

エンジンパワーやパワーウエイトレシオ等はどうでも良いんです、質量の絶対値が運転の楽しみには何よりも重要だとわかっているメーカーのはずなのに・・・

会社としては利益を上げて存続してゆく事が何より大切なのはわかっています。ロータスにとって今までの「マニア」な顧客ではやってゆけないという事でしょうね。

二代目EuropaやEvoraの失敗で企業としての根本的改革に取り組んだという事ですね、CEOも変わったし。

これでますます初代Eliseの貴重さが際立ってきました。自分の車に対する嗜好がもっと尖ってくれば更にいろいろな「マイナー」な車種もありましょうが、いろんな意味で「あちこち手を入れた」手持ちのEliseから足を洗えそうにありませんね。

f0201222_2425653.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2010-11-07 02:45 | | Comments(2)