私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

薄型アンプ

f0201222_484170.jpg


しばらくはオーディオに使える時間が深夜の夜なべ仕事だけになりそうです。嫌な季節がやってきました。

かつて、電源を別シャーシにまとめたmonoFETパワーアンプを4台製作しましたが、電源別である事と、そこから伸びる1mくらいの接続ケーブルが音質に悪さをしているという確信があり、4ch全て、トランス内蔵の独立したモノアンプに仕立てようとしています。

外形高さが49mmの薄型ケースなので、トランスの選定を含めてその作業は多少困難さを持ちます。トランスや整流部を内蔵するマイナスもあり、試聴結果は予想がつきません。
[PR]
by elise-4550 | 2011-04-27 04:18 | オーディオ | Comments(0)

VT-25(10Y) ppアンプの写真

昔作ったVT-25 プッシュプル のモノーラルアンプをオークションに出品中ですが、オークション内の三枚の写真だけでは情報不足なので、この場を借りて追加の写真を掲示します。

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m83440690

f0201222_4194866.jpg
f0201222_4202025.jpg
f0201222_42036100.jpg
f0201222_4205893.jpg
f0201222_4214696.jpg
f0201222_422680.jpg
f0201222_4222143.jpg
f0201222_4224447.jpg
f0201222_423317.jpg


最後の二枚はトランスの傷と出力端子版の角がかけているところです。
[PR]
by elise-4550 | 2011-04-20 04:25 | オーディオ | Comments(2)

アンプ製作のポイント

なんだか代わり映えのしない外観ですが、回路はちょっと変わりました。

二段目(出力段)をカスコードブートストラップにしています。

今まで、二段目は電源中点出力(いわゆる逆立ち式)という特徴とそれに関する長所は有ったものの、普通ののコンプリエミッタ接地増幅でした。ここに、アーリー電圧対策やその他諸々のご利益を期待しての改変です。

f0201222_4394621.jpg


CRパーツには、今までのテストの結果、良いと思われる銘柄を使っていますが、それがどれだけ音質に影響するかといえば、好みの範囲です。激変なんかしません。ブラインドテストも自信が無いくらいです。

要するに、受動パーツの音質差は、様々な意味で適切な設計製作されたアンプにおいてはこのくらいの事です。「様々な意味で適切」とは音が出て、発振しないなどという低レベルの話ではありません。

アースに流れる電流の取り扱い、各増幅段の増幅起点の共通化、増幅回路のループ内の純度、NFBのかけかた、外部電磁波対策、内部電磁波対策等が今まで自分の製作したオーディオアンプの音質に大きな変化をもたらしてきました。

これらの対策の様々な設計技術を十分駆使した上で、ずいぶん優先順位が低いところにパーツ選択のノウハウがくるようです。

これからもまだまだ試してみる事は多そうです。
[PR]
by elise-4550 | 2011-04-17 05:06 | オーディオ | Comments(0)

スタートは過去最高から

f0201222_23352488.jpg


二日ほど前に配線を行い15インチx8のオールホーンシステムは新しい縦型配置で再出発しました。

それから時間のある限り測定を重ね、聴き込んで調整しています。

最初の2時間で、このシステムの過去最高だった時の音がほぼ再現できました。

過去最高とは、約一年半前4550が片ch当たり1台だったときです。

中音ホーンの持つきわめて柔らかい中低域のまま、素直に高域ユニットに受け渡ししています、中高域を加えた4wayは現時点では必要を感じません。

巨大システムから懸念される癖の強いところがほとんど感じられないのは一年半前と現在の共通点です。

「えっ、この巨大システムがなってるの」という気持ちになります。

一年半前に、4550を片ch2台にしてから音がおかしくなりました。その後、約半年あれこれしてみてうまくゆかず、ここ1年は、いったん退却して他のオーディオに傾注していました。

今日は、各所の補強を行い、はっきり低域に改善がみられました。

面倒でしたが、ウーハーのペアマッチングも行ったので、これも効いていると思います。

この間に作った木造パワーアンプの音質のおかげで、システムが真空管パワーアンプを必ずしも必要としなくなったのもいろいろな意味で助かっています。

まだまだ手を入れて伸び代がありそうです。これだけの音が出れば、他のシステムのうちいくつかは音質的には全く取り柄がなく、存在理由も怪しくなってきました。
[PR]
by elise-4550 | 2011-04-12 23:59 | オーディオ | Comments(0)
第二試聴室の作業が繁雑を極め、先日片chの組上げが終わった後、発熱、悪寒、頭痛が襲いました。

そんな中、しっかりJ-スポーツのプロレス番組「RAW」を深夜まで意地を張って観たため、更に悪化しました。

おかげで、午前中を棒に振り、体に気を使って休み休みの作業です。

なんとか、もう片chも棟上げ完了です。

f0201222_322913.jpg


なかなか気分がよく、体調不良も吹っ飛びます。

この後、睡眠後、配線を整えて、音を出してみたいと思います。
[PR]
by elise-4550 | 2011-04-10 03:05 | オーディオ | Comments(2)
f0201222_219514.jpg


数々の打ち身、擦り傷、筋肉痛の末、4550エンクロージャーの40cm上空に4550エンクロージャーをのせる事ができました。

だだし、片chのみです。もう片方は4550エンクロージャーの0cm上空に4550エンクロージャーがのっています。つまり、あと、40cmです。

第二試聴室の間取り、天井高、その他様々な条件から、この配置が最良なのははじめから判っていました。

ただ、このような重量物をのせて、更に中高音用に40cmの空間を空けるという構造的不安定さに二の足を踏んで、それ以外の配置をいろいろ試していました。

結局うまくゆかず、4550 x 2 システムの最終形態として、縦型仮想同軸に挑戦する事にしました。

なにより、外観のまとまりがいいですな。

f0201222_21335350.jpg


これは4wayの配置(仮)です、どうですか。

chディバイダ、ウーハー駆動方式、Twの選定と配置、いろいろ試す事がありそうです。

f0201222_21381649.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2011-04-08 21:41 | オーディオ | Comments(0)
ヤフーオークションに自作真空管アンプ2種と自作スピーカー1組を出品していました。

それらが昨日落札され、新しい持ち主のところで使用されることとなりました。

調整、再整備後に出品しましたが、今、もう一度システムにつないで音の再確認をしたところです。

こんなときに限って今まで以上に良い音で鳴るんですよね、アンプもスピーカーも。

f0201222_1281090.jpg


f0201222_1283023.jpg


元々、音が気に入らなくて手放す訳ではなく、オークションの説明文中に書くのは反則だと思って全く匂わせていませんが、今回の落札金額は義援金に持ってゆくつもりです。

自分は関西で、直接の被害は無く、今が年間で一番自由時間が多いので、オーディオを楽しんでいますが、東北のオーディオ好きはそれどころではないでしょう。

東北だけでなく、関東の計画停電地域の方も、オーディオアンプで電力消費を拡大する気にはなりにくいと思います。

そんななか、同じオーディオ仲間として、自分勝手ですが、こちらも「痛み」を共有したいと思い「いらない品物」ではなく、非常に音が気に入っている製作物を出品しました。

十数年前の阪神淡路大震災では、震度7地域のど真ん中に建つマンションに住んでいました。自分自身は広島に出張中の地震でしたが、福岡経由のややこしいルートで自宅に帰ってみると、マンションはひびだらけ、室内はジャングルと化していました。

近所の瓦礫の横にはまだ死体が毛布にくるまって安置してありました。

自分の専門関係の書籍やノート類は熱帯魚の水槽と同じ部屋においていたので、水槽の水をたっぷり吸い込んでページがめくれなくなっており、もはやセルロースのかたまりです、そのあちこちに魚の死骸が異臭を放っていました。

寝室では、当時、付き合っていた半同棲中の彼女が寝ていたはずのベッドに姿はなく、そのかわり、ソニーのモニターブラウン管プロフィール27インチが1m上から落下してベッドで寝てました。プロフィールは無事でした。

彼女も無事とあとでわかりました。

オーディオ部屋は、、、もう書きたくありません。今思い出して笑えるのは、自分の無事を親族に知らせるより先に、通じにくい電話で東京のステラボックスジャパンとハーマンインターナショナルにそれぞれプレーヤーとスピーカーの修理を頼んだことです。

その後数ヶ月に及んだ断水断ガスや交通機関が通じていないのでやたらと瓦礫の町を歩いたことなど、いま、同じような、いや、もっと悲惨な状態に東北の方がおかれていることを思うと、なにかしたい気持ちになります。

自分が医学部に行っていればこんなとき役に立てるのに、と思います。今の自分がボランティアで後片付けの手伝いをしたとしても、足手まといになるのは自明です。昨日も2時間ほど棚の解体作業をすると、どっと疲れてマッサージが必要でした。

そんな中で、考えて今回の行動に至りました。しょぼいですが、お金はそれはそれで使い道があるので、全く役に立たないわけではないと自分に言い訳しています。
[PR]
by elise-4550 | 2011-04-04 02:21 | オーディオ | Comments(0)