私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

DACの製作-4

アンプ自作界の巨匠設計のDA変換アナログ部プリント基板を4枚も持っています。

「在庫処分」等の文句に弱いので、以前にオークションにて調子に乗って購入したのです。

これに載るパーツ類に関して手持ちの範囲では、すべて巨匠の指定に従うことは無理なので、中途半端はやめて抵抗は自己推薦でタクマン炭素皮膜型、要所要所にスケルトン抵抗、マイカコンデンサは普通のやつにしました。

4枚を全く同じにするのは芸が無いと思い、2枚をいわゆるN型回路、残りをP型にして音質変化を楽しみたいと思います。

2SA607と2SC960は多数所持しており、いまどき巨匠設計のアンプ以外でこれを消費するチャンスは無いと思いました。

DAIもそれぞれDIR9001とCS8416にしてこれも頒布基板を利用しました。DACはもちろんPCM1794のモノラル使用です。

f0201222_1346490.jpg


先日製作したものとあわせて、PMC1794は3ペアーの機材が手元にあることになります。どれも皆PMC1794の音質が鮮明に出ていて、他のDACと異なります。

良くいえば、はっきりくっきり鮮明で音像が綺麗に焦点を結び、特に低域はブーストしたかのような力強い音質です。悪くいえば、押し付けがましく素人が喜びそうな音です。

個性豊かなDACを取り替えて試聴することはとても楽しいことです。
[PR]
by elise-4550 | 2011-08-29 14:04 | オーディオ | Comments(0)

キズモノですが。。。

f0201222_114217.jpg


いろいろ縁があって、ついに私もATC SM75-150S を入手しました。

ただし中古で傷物です。

本来の音質が聴けるのか判りませんが、現時点ではユニットのみの入手は難しく、贅沢はいえません。

これを中核として、新しいSPシステムの構想が膨らみます。

まず、Woの選定が問題でしょうね、この強い中域に見合う音質を持つ良質な低域のユニットが必要です。

一年半前にO氏の依頼でこれと同じATC SM75-150S を使って3WAYを組んだ時は、Vifaの10インチユニットをダブルで使って予想外の好結果を得ました。

これは今、O氏の別荘で好調に鳴っているようです。

さて今回はどう料理しましょうか。。。
[PR]
by elise-4550 | 2011-08-28 01:36 | オーディオ | Comments(2)

DACの製作-3

時間が割合自由になるこの時期に、最近作ったデジタルオーディオ基板をケースに組むことにしました。

いろいろ考えた末、ケースと置き場所の節約のため、高さ2Uサイズに2組ずつDACを入れてゆきます。

今日完成したのは WM8741をパラレル使用したものと、FN1242Aを用いたDACです。

どちらも、この世界では有名なfujiwara氏の頒布基板を使わせていただいています。

特に、FN1242Aの方は電源以外は与えられた回路そのもので、ケースの高さに余裕がないため、アナログ部もディスクリート基板の推奨回路さえ作らずに、OPアンプによる簡単な方にしています。

WM8741は、バランス-アンバランスの変換をオリジナル?の回路で作りました。半導体素子の厳密なペアーをやたらと消費する困った回路です。それでも、片chのドリフトがやや大きいようです。

更に、WM8741の電圧出力の中心が約2.42Vにあるため、試しにちょっとした工夫で±0Vを中心とする信号にレベルシフトしています。

こちらの電源はデジタル部以外全てシャントレギュレーターを使い、トランスを分離させているので、フルサイズケースの片面は二組合せて10台の電源トランスで埋め尽くされています。

音質に関してはいずれ改めて感想をまとめたいと思います。

f0201222_22443675.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2011-08-26 22:48 | オーディオ | Comments(0)

表面実装パーツ

ここ半年間で私の長いハンダ付け人生に大きな変化が出てきました。

あれだけ疎んじていた表面実装パーツの使用が、逆に快感を感じるようになってきたのです。

チップコンデンサやSOP ICはもとより、SSOPの取り付けには胸が躍ります。

ルーペをみながら、自分の手先の限界に挑戦することが毎晩の楽しみになってしまいました。

かなりたまっていたデジタル回路のオーディオ頒布基板がみるみる完成してゆきます。

今までなぜこんな楽しいことを最小限にとどめておいたんだろうと思っています。

手持ちのSSOPを付け終わってしまうのが悲しいので、また、何か集めておきたいとかんがえています。

ただ、頒布の基板では、「作らされている感」が強くその点では全く物足りないのです。

f0201222_01620100.jpg


やはり、自分で設計やアートワークをやらないと満足はできないのでした。
[PR]
by elise-4550 | 2011-08-24 00:18 | オーディオ | Comments(2)

必死の帰宅

長い出張からやっと今帰ってきました。

最後は名古屋から、車で、いつもの二倍の時間をかけてです。

あの下品な、お盆の夏休み帰省ラッシュに引っかかってしまいました。

こちらは明日も仕事を控えた疲れ果てた出張帰りなのに。。。

おかげで肩こり肩こり
[PR]
by elise-4550 | 2011-08-13 00:25 | その他 | Comments(0)