私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0201222_3423145.jpg


縁あって、とても素敵なオーディオラックを手に入れたので、放置していたいくつかの構想が実現するかもしれません。

まずは、工程80%で二年ほど経っているサウザーのリニアトラッキングアームを使ったアナログプレーヤーシステムです。これを収納するのにぴったりなんです。

f0201222_3484914.jpg


クラシカルなラックに機能美のリニアトラッキングアームとDDターンテーブルは意表をついていて、なんだか気に入っています。

後はCDプレーヤー、フォノイコライザー、DAC,とハイレベル用のプリを収納したいと思います。
[PR]
by elise-4550 | 2011-12-27 03:57 | オーディオ | Comments(8)

無題

興味深い絵を見つけました。

http://www.nagysaudio.com/a1modules.html

初志(?)を忘れて、あこぎなハイエンド商法に走り、ついに一心同体のはずの日本の代理店からもさよならされてしまったゴールドムンドアンプの核心部分を担ってきたA-1,A-2モジュールの中身です。

初段はメタルキャンのデュアルFETでしょう、その後ははっきりしませんが、Trの差動増幅カレントミラー負荷ではないでしょうか。デュアルFETを二倍に数えても、いわゆる6石の構成です。

30年くらい前の典型的自作アンプは皆このような初段と二段目を備えていました。せいぜい二段目の負荷が、能動負荷か抵抗負荷かの違いでさんざん議論が交わされていたのは懐かしいことです。

自分的には何ということはない、音質的には見切った回路なので興味は持てませんが、ゴールドムンドはこの程度の回路で長年にわたりハイエンドオーディオ界に君臨し続けていたのだという事実には興味があります。

音を聴くのは耳ではなく脳だということですね。

自作オーディオを嗜むものとして、「予断を排して」試聴しているつもりですが、どうも、事はそのような単純なものではないようです。

まあ、メーカーと違い、お金や生活や地位や名誉がかかっているわけではない趣味の世界のことですから、それほど真剣に考える必要もありませんがね。
f0201222_1565442.jpg

[PR]
by elise-4550 | 2011-12-14 01:59 | オーディオ | Comments(0)