私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

DCドリフトの検討-2

前回「DCドリフトの検討」をブログ上に掲載したあと、新しくパワーアンプを製作して再挑戦していました。

デュアルTrを使わずに、いくつかの工夫で何とかならないものかということで、、、

まず、Trの選別を厳密にしました。どうも今まで割合軽視していたDi接続のバイアス用Trがドリフトに大きな影響を与えていることに気付いたのです。実動作と同等回路において、Di接続Trのコンプリ間Vbeを0,01V以下に選別後、初段べース接地用Trをそれらに合わせて選別しました。

f0201222_13243177.jpg


更に、基板上のレイアウトを変更して初段Trを4個縦に配列し、中の2つをバイアス用Trにしました。発熱の大きいべース接地Trでこれらを挟んで加熱する感じです。

更に、ウィルソンミラー型定電流回路の4個のTrも熱結合しました。これらはレイアウト上最初から縦に並んでいたので、接着剤による熱結合は省略していたのです。

f0201222_13245785.jpg


結果として、始動時からでも±50mV以内となり合格です。選別はとても面倒ですが、DCサーボなしで、なんとか実用性を確保できました。

また、本機は出力段をカスコード接続としています。そのかわり、出力段の電源は非安定化です。前作に比べて、音の輪郭がはっきりしていることを感じました。以前出力段カスコード接続と普通のコンプリエミッタ接地を比べた時はあまり違いを感じなく、わざわざややこしくするメリットはあまりなかったのですが、今回は空気感のノーマル、直接音のカスコードという感じでキャラクター分けできそうです。少なくとも、定電圧電源用に大きなTrを入れるよりはずっとメリットがあると考えています。
[PR]
by elise-4550 | 2014-02-24 13:24 | オーディオ | Comments(0)

やられた-2

うちのばか猫の乱暴狼藉はとどまることを知りません。

人の目を盗んで第一試聴室に入り、またやってくれました。

f0201222_20354100.jpg


スキャンスピークの21Wウーハーのゴムエッジは猫の爪に対してはひとたまりもありません。

これまで、度々バスレフダクトに手を突っ込んで、内部の吸音材を掻きだしていたのには目をつぶってやっていたのに、これは許せません。

怒りをあらわにして追いかけ回してやりますと、それから私にはよってこなくなりました。オーディオ>>猫 の私には当然の処置です。

このままではまともな音にならないので、海外の補修パーツを注文したところ、以外と早く到着しました。

f0201222_20143346.jpg


エッジ二枚と接着剤、注射器、送料込みで約4500円でした。ただ問題は私にこの交換作業がうまくできるのかということ、、、知り合いのプロに頼むとパーツ代の数倍かかりそうです。

この手の経験のある方、情報をいただけませんでしょうか。
[PR]
by elise-4550 | 2014-02-17 20:22 | オーディオ | Comments(2)