私が所長Kです、趣味を中心に展開できればと思います。


by elise-4550
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

音質の感想

今回のバランス出力アンプは電圧増幅二段目がFETゼロバイアストーテムポール型で、自分的には最高と思われる音質を目指しています。

ただ、素子選別の手間も最高で、基板製作の何倍も時間がかかります。また、選別に漏れた大量のTrたちは別の用途に流用するとはいえ、全部使いきる事はあり得ず、いや、大半は使われないで死蔵されてゆく事になり、メーカー品では許される事ではないでしょう。

とにかくこの回路は贅沢なアマチュア向きで、相当な音質的メリットがないと採用する価値がありません。

たかがパワーアンプにそこまで凝ってみても、他の重要なところでもっと時間と手間と予算を割いたほうが総合的に良い結果になります。

とはいえ、やってしまうんですよね。自分としては自作の中でパワーアンプが一番楽しかったりするわけです。

f0201222_3275049.jpg


さて、音質の検討です。最近のバランス出力三作の中ではやはり、これが一番でした。

音質の緻密さや本物「らしい」音の凄み等、好き嫌い以外のオーディオ的クオリティはやはりすぐれています。いわば一番値段が高そうな音という感じです。

ただ、いつでも、誰にでも、どんな料理にも松阪牛最高級霜降り肉が最適なわけではありません。

前二作のバランスアンプも他の機材の性格やかける音楽の種類とその音質により、優位に感じる事があります。

ただ、自分にとって半導体による自作アンプは好みの追求よりも、「どこかにあるだろう」と仮に想像している絶対的な高音質への方法という性格が強いので、やはり最新作が一番という事になります。

バランス出力アンプの回路に関する再検証はとりあえず一段落しましたが、出力段をBi-Tr二段ダーリントンに固定しての結果なので、ここをMos FET等で構成していれば、また異なる感想を持つ可能性はあります。これは次回の課題としておきます。
[PR]
Commented by digicamek at 2010-01-12 19:44
elise-4550さん、完成おめでとうございます。
並べられているアンプ群を見ると大変な物量投入作戦ですね。
残念ながら私の理解力では書かれていることは殆ど判りません。
今度お暇なときに「対素人オーディオ基本解説講座」をお願いいたします。
それにしても「絶対的な高音質へ・・・」格好良いですね~。
さらなる挑戦がまだあるのでしょうか?
Commented by elise-4550 at 2010-01-13 13:29
digicamekさん
コメントどうもありがとうございます。

それほど物量投入型ではないつもりですけど・・・

本当にたいした事はやってないんですよ。

先人が今までに使った回路ややノウハウを自分なりに組み合わせているだけです。

音質が向上したと自分の中で感じた瞬間が原動力です。
by elise-4550 | 2010-01-12 03:51 | オーディオ | Comments(2)